看護師の平均給料ってどのくらい?

看護師の平均給与年収・給料

看護職は何となく給料が高いイメージがありますが、実際どのくらいが平均給与なのでしょうか。基準を知っておくことで転職活動の参考になると思いますので、今回は看護師さんの平均給料についてまとめてみました。

スポンサーリンク

看護師の平均給与

平成25年職種別民間給与実態調査の結果によると、看護師の平均給与は338790円、准看護師の平均給与は296736円となっています。

年齢別平均給与

年齢別に平均給与を見てみると、年齢と共になだらかに給与が増加していることがわかります。これは、年功序列型の給料体系を取っている病院が多いことが要因の一つと考えられます。

就職したばかりの20代の新米看護師さんと、50代のベテラン看護師さんでは約10万円程度給料に差があります。

年齢看護師准看護師
20〜24273139円234248円
24〜28307703円242829円
28〜32332947円258969円
32〜36339280円267103円
36〜40342733円283484円
40〜44358310円297595円
44〜48361618円305279円
48〜52367285円309714円
52〜56367582円322059円
56〜373947円325893円

企業規模別平均給与

企業規模別に平均給与を見てみると、中小の病院より、企業規模500人以上の大病院の方がはるかに高給であることがわかります。

企業規模看護師准看護師
50〜100人299698円261839円
100〜500人327600円293345円
500人〜346422円315991円

だいだい金額にして2万円程度の差なのですが、この差は20代の看護師さんで特に開きが大きいようです。

企業規模看護師准看護師
50〜100人236155円219014円
100〜500人287498円228177円
500人〜270296円251256円

20代の看護師さんの給料を、50〜100人規模の病院と100〜500人規模の病院で比べてみると、その差は約5万円も違います。
20代では100〜500人規模の病院が1番高給となっていますが、20代後半から30代にかけて逆転が起き、500人以上の病院で、給料が高くなります。

上記のデータは人事院が公開しているものなのですが、看護師の転職サービスの中には、独自の調査で看護師の平均給与を公開している所もあります。

ナース人材バンク

株式会社エス・エム・エスが運営するナース人材バンクでは、独自の調査により常勤看護師の平均月給が公開されています。
賞与や手当は含まない金額ですが、常勤の看護師で月給246,422円が平均のようです。

看護roo

看護rooにある「ナースなワタシのお給料」というコンテンツでは、全国で働く看護師さんの給料明細が公開されています。

このサービスの優れている点は、ただ他人の年収や月給が確認出来るだけでなく、勤務形態や業務内容、病棟の種類によって比較出来るのが素晴らしいと思います。

各種手当てや夜勤の回数なども見られるので、経験年数や業務内容等が同じ看護師さんと比べて、自分の給与が高いのか低いのか確認しやすいと思います。

パート看護師の時給は?

月給制ではなくパートとして時給で働いている方は、平均給与より時給の相場の方が気になると思います。

人事院などの公的機関の調査では、月給を対象とした調査が多いため、時給
に関するデータはなかなか集まりづらい側面があります。その為、当サイトでは転職支援サービスなどの調査を元に「パート看護師の時給相場って?」にパート看護師の時給相場をまとめてみましたので、時給が気になる方は、是非こちらをご覧になってください。

年収・給料
スポンサーリンク
フローレンス編集部をフォローする
フローレンス編集部

国家資格を持った三十代の医療従事者。転職を何度も経験しているので、自身の就職活動での体験を元に、看護師さんに役立つ転職情報やメンタルケアの方法などを紹介しています。

フローレンス編集部をフォローする
看護師・ナースの求人転職情報-フローレンス