看護師を辞めたい理由とその解決法

看護師を辞めたいお悩み

あなたは今、看護師の仕事に疲れて、「もう看護師なんて辞めたい!」と思ってはいないでしょうか。仕事を辞めたくなってしまったあなたは、仕事の全てが嫌になってしまい、「現状を変えたい!」「ここから逃げたい」と思っている事と思います。

辛い状況に陥った場合、確かにそこから逃げるというのは、自分の身を守るために大切な行動です。ですが、そのままつらい気持ちだけを持って行動しても、自分の選択肢を狭めるだけで状況はなかなか好転しません。

何かから逃れようと思っている時は、逃げることに精一杯で、先のことは考えられないからです。

焦って行動して失敗しないために、今回は看護師を辞めたいと思った時に、冷静に考えておきたい事をまとめてみましたので、ご覧ください。

スポンサーリンク

看護師を辞めたい理由はどこにあるのか

まずは、「自分が仕事を辞めたい理由は何なのか」を考えてみてください。今の職場が嫌だから辞めたいのか、看護師自身を辞めたいのか、明確に区別する必要があります。

よく起こりがちなこととしては、「職場が嫌だ=看護師が嫌だ」と思い込んでいる場合があります。ですが、多くの方の場合職場を変えることで問題が解決しますので、自分が仕事を嫌になってしまった理由はどこにあるのか明確にしていきましょう。

体力の問題

看護師は長時間勤務や夜間勤務があるため、体力的な問題を理由に、仕事を辞めようと考えている方も多いと思います。

特に、今この文章を読んでいるような方は、疲れを感じていても仕事を続けて来た結果、慢性的な疲労を抱えることになり、体力的に追い込まれているのではないかと思います。

疲労はミスを誘発しますし、体にも悪影響を及ぼします。また、余裕がなければ職場の環境は悪化しますし、どんどん看護職というものが嫌になってしまうのです。

ですが、看護の仕事はなにも病棟夜勤有りの職場だけがすべてではありません。看護のお仕事などの求人サイトでは、夜勤のない職場や老人ホームなどの比較的ゆったりした職場での仕事を探すことが出来ます。

もしあなたがそのような状況にあるなら、少し力を抜いて仕事をしてはいかがでしょうか?

人間関係の問題

看護師の離職理由として常に上位にランクインされるものに、「人間関係の問題」があります。

人間はそれぞれ違った価値観を持っているため、どのような環境においても大なり小なり問題は起きます。人は、そういった問題を乗り越えることで成長していくのですが、問題の渦中にいると、自分ではなかなか良い解決策を見いだせない事があります。

もし、あなたが人間関係の問題に悩んでいるなら、「看護師の人間関係問題を解決する方法」が参考になると思います。人と人との繋がりは、ちょっとした事の連続でどんどん変化していきますので、全てが嫌になる前に、一度読んでみてください。

人間関係の問題でもう一つ考えたいものに、「パワハラやいじめ」というものがあります。これらは言語道断で駄目なものですが、看護師さんの中にはそのような職場でも「自分が頑張れば…」と我慢して耐えようとしてしまう方がいます。

ですが、そのような環境にいても、あなたのプラスになるような事はありません。我慢はいずれ限界をむかえますし、駄目な同僚や上司のせいで体を壊してしまっては元も子もありません。

一刻も早く転職することをオススメします。

問題が複数ある方

もし、あなたが複数の問題を抱えているなら、まずは一つ一つの問題を分けて考えるとよいと思います。

人は、どうしても悪い状況に追い込まれると、複数の問題を結びつけてしまいます。一個一個は小さいものでも、問題同士がチェーンのように結びついてしまうために、問題がどんどん膨れ上がり、解決できない状況に追い込まれます。

その時に何が起こるのかというと、一つの問題に対応しようとしたら次の問題が気になったり、一つの問題に有効な事が他のことにはマイナスになってしまったりと、結果として身動きが取れなくなってしまいます。

ポイントとしては、まず自分が1番問題だと思うものを取り上げて、「もしこの問題だけだったらどうだろうか?」「この問題だけだったら自分に何が出来るのだろうか」と考えてみてください。

自ずと選択肢が広がると思います。

新人看護師さんの場合

新人の看護師さんの場合は、新しい環境に馴染めなかったり、仕事についていくことが出来なかったりすると、次第に自信と希望を失い、仕事を辞めたいと思ってしまうことがあります。

そんな時は、全てを上手くやろうとしても上手くいきません。自分の出来る事を一つ一つ積み重ねて行くしかありません。

もし何から始めればいいのかわからないなら、一度「1年目の看護師が抑えておきたいこと」を参考にしてみてください。

転職を考える

もし、あなたの抱えている問題が職場を変えることで解決しそうなら、一度転職を考えてみてください。ただし、転職には結構なパワーを使いますので、自分一人で行動せずに、求人サイトを利用することをオススメします。

特に、看護roo!看護のお仕事などサービスでは、事前に病院の内部情報を聞くことが出来るので、入職後の問題を少なくすることが出来ます。

看護職が嫌になってしまった方

看護職が嫌になってしまった方に知っておいて欲しいという事としては、「看護師としての働き方は一つではない」ということです。

もともと自分が持っている看護師のイメージと、最初に働き始めた環境によってだいたいその人なりの「看護職」というものが形作られると思うのですが、それは看護師のお仕事の一部の側面でしかありません。

患者さんと接する事や看護の現場が辛いなら、保育園や治験コーディネーター、企業看護師などの選択もありますし、慌ただしい生活に疲れてしまったら老人ホーム等の施設で働くという選択もあります。

自分の描く看護師像に固執してしまうと、どうしても視野が狭くなりどんどん可能性は閉ざされていきます。そんな時は、是非一歩引いて視野と可能性を広げてみてください。まったく違うものが見えてくるはずです。

まとめ

看護師を辞めたいと思ったら、必ず自分の辞めたいと思う理由を明確にしてみてください。ここを明確にするだけで、自然と次に取るべき行動が見えてきます。

中には転職することで問題が解決する方もいるかもしれませんし、少し休養を必要としている方もいるかもしれません。考えてもやっぱり看護師が嫌な方は、違った道を選択することになるでしょう。

大事なのは、「自分がどうなりたいのか」「将来どうなっていたいのか」です。

ですが、全てに共通してこれだけは言えるのですが、常に選択肢は多く持っておいてください。そうすれば自ずと状況は変わるはずです。

お悩み
スポンサーリンク
フローレンス編集部をフォローする
フローレンス編集部

国家資格を持った三十代の医療従事者。転職を何度も経験しているので、自身の就職活動での体験を元に、看護師さんに役立つ転職情報やメンタルケアの方法などを紹介しています。

フローレンス編集部をフォローする
看護師・ナースの求人転職情報-フローレンス