看護師の日勤・夜勤(準夜勤・深夜勤)業務について

看護師の業務(日勤・夜勤)について働き方

看護師さんの業務は、主に日勤業務と夜勤業務にわかれます。看護師として働くと言っても日勤で働くのか夜勤で働くのか、また外来と病棟の看護師さんではその業務は全く異なるものとなります。今回はそんな看護師さんの業務についてまとめて見ました。

スポンサーリンク

日勤業務

日勤業務では、多くの病院でだいたい朝8時30くらいから午後17時くらいまで業務が行われます。

病棟の看護師さんの場合

病棟の看護師さんの場合、医師の指示基づいて患者さんに対する処置をしたり、入院患者さんの身の回りのケアなどを行います。業務は病棟での入院患者さんの検温や血圧の測定、入浴の介助、ベットメイク、昼には食事のセッティング、配膳・食事介助などがメインとなりますが、その他にも朝夜勤看護師からの申し送りやミーティング、引き継ぎ、看護記録の記入、夜勤看護師さんへ日中の患者さんの様子や変化を伝えることも大切な業務です。

業務はだいたい8時30ごろからですが、早めに行って患者さんの情報を収集したり、淡々と業務をこなすだけでなく患者さんの不安や疑問に対する精神的なケアをすることも大事になってきます。

外来の看護師さんの場合

外来の看護師さんの場合は、朝朝礼などを行った後に診療室の準備を整えていきます。主に医師の診療の補助することがメインとなりますが、受付が終わった患者さんに症状や状態を聞いたりもします。処置の手順や流れを掴んでいたり、他との連携が取れているとスムーズに仕事が出来ると思いますが、反面様々な患者さんと接するので1人ひとり違う患者さんに対する対応力が求められます。

外来は毎日決まった時間で仕事ができ(残業はあったりしますが)、夜勤がなく休日はしっかり休めるので看護師さんに人気です。ですが、患者さんからすれば病院で一番最初に接する看護師さんであり、病院の第一印象を担っていると言っても過言ではないと思います。

日勤の仕事を探すなら

ナースパワーがオススメです!

夜勤業務

夜勤業務の場合、3交代制の病院では準夜勤(16時30くらいから1時15くらいまで)と深夜勤(0時30分くらいから9時15分くらいまで)という形にわかれます。2交代制の病院ではだいたい16時30分から9時15分くらいまでの業務となります。

準夜勤の場合

準夜勤の場合、患者さんの情報収集や申し送りから始まり配薬等の準備確認、夕食のセッティング、食事介助などを行なっていきます。ケアや記録、配薬、巡回などをこなしながら深夜勤の看護師さんへ申し送りを行いバトンタッチしていきます。この時間帯は、患者さんにとっては1日の休息に向けたひとときで、患者さんが眠りにつきやすいするためのサポートをしてあげるのも大事な仕事です。

準夜勤は出勤が夕方からとなるため日中を自由に使える場合があるなどのメリットがあります。ですが、勤務時間は短いものの休憩は食事時の一回だけですし午後から深夜までの勤務という仕事のリズムに体が慣れるまで大変な部分もあります。

深夜勤の場合

深夜勤の場合は、準夜勤の看護師さんからの申し送りから始まり、配薬や点滴筒の準備や確認などを行なってきます。巡回、2時間おきの体位変換やナースコールへの対応をこなしながら朝に向けてモーニングケアや起床の促し、朝食のセッティング、検温・記録などを行います。最後は日勤の看護師さんの申し送りをし、1日の業務は終了となります。

深夜勤は本来は人が寝ている時間に業務をこなさなければならないので体には大きな負担となってしまいます。体力的・精神的にきつい部分はありますが、その反面夜勤手当がつくので給料が高くなるという部分もあります。

夜勤のお仕事をお探しなら
看護師の夜勤パート・アルバイトを探すのにオススメの求人サイトを参考にしてみてください。

2交代制の夜勤の場合

2交代制の夜勤の場合、日勤者からの申し送り、食事介助、夜の検温や血圧測定やオムツ交換、2時間おきの体位変換、ナースコールへの対応など準夜勤と深夜勤の業務を合わせたような形となります。入院患者さんの健康を管理したり救急で来た患者さんの対応などを行いますが、だいたい16時間から17時間ほど勤務が続くため体力的に厳しい部分もあります。途中で仮眠ができたりしますが、患者さんの急変で忙しい時などはあまり時間が取れない事もあります。

2交代制の夜勤は勤務時間がとても長いですが、その分翌日は1日休みとなったり休日が増えるというメリットがあります。休みがあるのでプライベートに時間を使えるので2交代制の夜勤の方が良いという方もいます。

2交代制・3交代制で仕事を探すなら

看護のお仕事がオススメです!

おわりに

今回は日勤と夜勤の看護師さん業務についてまとめみました。病院で働く看護師さんと言ってもその業務の違いにより全然違うということがイメージ出来るかと思います。

夜勤の場合、2交代制と3交代制により1日の業務が短かかったり休日が多く取れるなどの違いがあり、それぞれ生活のリズムや体に対する負担も変わってきます。どちらが良いかというのは難しくこの辺は実際に働く看護師さんとの相性になってくると思います。
文字で業務を書くとこのような形ですが、そこには勤務開始より早く出勤し情報収集を行なっている看護師さんの姿があったり、患者さんの急変により仮眠が全く取れず朝を迎える看護師さんの姿もあったりします。

実際に体験してみないとわからない部分も多いかと思いますが、自分なりの働き方を見つける助けになればと思います。