たったこれだけ!?自己中心的な人の対処法

お悩み

自己中な相手と接する時、あなたはどう対応しているでしょうか?

嫌だけど相手の言いなりになっているでしょうか。それともさり気なく距離をとって、ダメージを少なくしようとしているでしょうか。

多くの人が悩まされる自己中な相手との付き合い方。相手がただの知り合いなら、縁を切ってしまえば問題はありませんが、社会人になるとそうはいかないと思います。

そこで、今回は自己中な人とうまく付き合う方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自己中な人とうまく付き合うには?

基本的に、自己中な人は「自分の欲求を満たす為に行動している」か、「自分が良いと思っている事は相手にとっても良いはずだ」と思っている人のどちらかです。

そんな相手にやることはただ一つです。
しっかりと「ノー」を相手に示し、自分の意思や意見を伝えることです。

ホントは、嫌なことに対しては、本気で怒ることが効果的なのですが、たぶん今このページをみているということは、それが出来ないから悩んでいるのだと思います。

そこで、しっかりと自分の意思を示してみてください。これが出来るだけで、あなたと自己中な相手との関係性は変わってきます。(1回言うだけでは駄目なときもあるので、根気よく試してみてください。)

自分が嫌だと思うことにはしっかりと「ノー」を、自分がその考えは違うと思うものにはしっかりと自分の意見を伝えてみてください。

ただし、あまりに自分の考えばかりを主張していては、相手と同じになってしまいますので、その辺のバランス感覚は必要です。

なぜノーを言わないといけないのか?

自己中心的な人と言うのは、今までの人生で、自分の主張はするけど、相手からあまり主張をされて来なかった人です。それが何となくまかり通ってしまった為に、今の状態があるのですが、まずは「自己中でいるだけでは駄目なんだ」という事を相手に認識させないといけません。

また、ノーを言わないということは、無意識的に「そこまではOKな事なんだ」と相手に勘違いさせることにもなってしまいます。

そう思った相手は、さらにあなたの領域に踏み込んで来る事でしょう。さらに踏み込まれたあなたは、またうまく合わせようとしてしまい、どんどん苦しい状況に追い込まれてしまうのです。

これは、「人間関係にストレスを抱えた看護師さんの解決法|日本文化特有の問題」でも少し解説しましたが、日本は相手の心情を読み取り、空気を読む文化です。

多くの人は、例え相手が自己中心的で嫌な人物だとしても、何とかうまく合わせて、場を円滑にしようとします。社会が上手く回るためには絶対必要なことですが、その分合わせる側の人はダメージを受けます。

何も自己中な相手に限った話ではありませんが、悪質なセールスや強引な勧誘など、自分の身を守らなければいけない場面では、絶対に必要なことです。

そんな事を言われてもなかなか言えない人は

なかなかノーと言えない人の特徴として、「そのくらい普通察するだろう」という思いや、「そんな事言って相手が怒りだしたらどうするの?」という恐れがあるのだと思います。

ですが、例えあなたが嫌がっていても、自己中な人はそんなあなたの心情はわかりません。「顔見れば嫌がっているのわかるだろ!」とか、「様子見ていればわかるはず」と期待しても、自己中な人はそれが出来ないから自己中なのです。

逆を言えば、あなたはそれが出来るから自己中な相手に振り回されてしまうわけですが、相手にそれを望んでも、あなたの気持ちを汲んでくれることはありません。

また、ノーを言うと相手が怒ったり、ギクシャクすることを恐れている人は、その恐れを乗り越えないことには先に進めません。それをやらない限り、あなたはずっとその相手に悩まされるでしょう。

中には会社の上司や患者さんなど、立場的に言いづらい場合もあると思います。そんな時は、相手の反応を一旦受け止め、その後に自分の意思を示してみてください。相手の自己中が発揮された時に、一旦受け止めるが受け止めないで、反応が変わってきます。

まとめ

自己中心的な相手と接する時は、自分の意思をしっかりと主張することが大切です。嫌なことを嫌と言わないということは、結果的に自分が損をしてしまったり、自分の身を危険に晒してしまうことにもなります。

だいたい、自己中心的な人の周りには、何人もの嫌な思いをした人や、傷ついた人がいるはずです。あなたが勇気を出して一歩踏み出すことで、周りにも良い影響を与える可能性がありますので、是非試してみてください。

お悩み
スポンサーリンク
フローレンス編集部をフォローする
フローレンス編集部

国家資格を持った三十代の医療従事者。転職を何度も経験しているので、自身の就職活動での体験を元に、看護師さんに役立つ転職情報やメンタルケアの方法などを紹介しています。

フローレンス編集部をフォローする
看護師・ナースの求人転職情報-フローレンス