ハローワークで看護師求人を探す方法から就職までの流れ

ハローワークの看護師求人求人・転職

ハローワークで求人を探そうとした時に、「なんか使いづらそう」と思った経験はないでしょうか。サイトは見辛いしよくわからない項目も多いので、「どうやればいいの?」っと困ってしまった方も多いと思います。

看護師向けのサービスではない事と、国がやっているので仕方がないのですが、求人を探すためには、ハローワークはとっても探しづらい設計になっています。

使い方がわからずストレスを溜めてしまわないように、今回はハローワークを利用して看護師求人を探す方法を紹介してみました。

スポンサーリンク

目次

ハローワークとは?

ハローワークは厚生労働省が運営する就職支援のためのサービスです。

失業した時や職業訓練、仕事を探している時にお世話になる方も多いと思いますが、国が運営しているため、安心して利用できるという点が、最大のメリットと言える機関です。

当サイトとしては、「看護師求人はハローワークより転職サイトを利用すべき」で書いた通り、ハローワークでの転職をあまりオススメはしていません。

ですが、認知度の高さと、失業保険等にも関わってくることから、看護師さん仕事探しに多数利用されています。

就職までの流れ

1.求職の申し込みを行う

ハローワークで仕事を探すには、求職の申し込みが必要になります。求職の申し込みは、実際にハローワークに行かないと出来ないので、まずはお近くのハローワークに行く必要があります。

ハローワークに着いたら、「求職申込書」を記入し、「ハローワークカード」をもらってください。ハローワークカードは、求人を紹介してもらう時や、相談する時に必要になります。

2.求人情報の検索

求人を探すには、実際にハローワークに行く方法と、インターネットで検索する方法があります。求人の閲覧だけならどなたでも出来るので、「登録はしていないけど求人は見たい」という方は、読み飛ばして「求人の探し方」をご覧ください。

3.紹介状を出してもらう

希望の求人が見つかったら、窓口で先方に連絡をとってもらいます。募集状況や面接日等を確認し、「紹介状」をもらいます。紹介状は面接の時に必要ですので、大切に保管しておいてください。

4.面接を受ける

面接を受ける時は、履歴書、職務経歴書、紹介状を忘れずに持って行きましょう。ハローワークでは、各種書類の作り方や面接に関するセミナーを行っていますので、不安のある方は事前に準備をしておくのも大切です。

5.採用の可否

採用の可否が決まったら、企業側から連絡がきます。うまく採用してもらえたら、必ず採用の条件を確認しましょう。

もし不採用となってしまったら、再び「2.求人情報の検索」からやり直すことになります。

近くのハローワークを探す

上記を読んで就職までの流れを掴んだら、実際に近くのハローワークに行ってみましょう。

もし、近場のハローワークがどこにあるのかわからないなら、全国ハローワークの所在案内より、お近くの施設を探してみてください。

その他にも、40歳以上で専門的職業に従事してきた方には「人材銀行」というサービスが、育児をしながら就職活動している方には「マザーズハローワーク・マザーズコーナー」というサービスもあります。

人材銀行は埼玉、東京、名古屋、京都、大阪、福岡にしかありませんが、マザーズハローワークは全国各地にあります。

※人材銀行は現在では廃止となっています。

持っていくもの

就職活動の場合、基本的に特別な持ち物は必要ありません。

ただし、求職申込書に学歴や免許・資格、職歴等を書く必要がありますので、履歴書や職務経歴書があるとスムーズに進むと思います。

求人の探し方

さきほど、求人の探し方には「ハローワークに行く方法」と、「インターネットで検索する方法」があると説明しましたが、ここではインターネットで探す方法を中心に解説していきます。

まずは、ハローワークインターネットサービスにアクセスしていただき、ページ中央にある「求人情報検索」のボタンをクリックします。

ハローワーク求人情報検索

求人情報を検索する

すると、条件を入力して検索するページに進みます。

項目が何個もありますが、ここでは最低限「②求人情報の種類」と「⑤希望する職種」「⑥都道府県/市区町村名」が入力されていれば大丈夫です。

ハローワーク求人検索

①求人登録の有無
ハローワークに求人登録している方は、ここで求人番号を入力しておくと、求人の詳細な情報を確認する事ができます。登録がまだの方は「ハローワークには求人登録していない」を選択してください。

②求人情報の種類
フル勤(常勤)とパート、どちらを希望しているかここで選択してください。

③派遣・請負
派遣の仕事を検索条件に含めたくない場合は、ここをチェックしてください。

④賃金
②で一般(フルタイム)を選択した方は月給が、一般(パート)を選択した方は時給を指定出来ます。

⑤希望する職種
看護師さんの場合は、「専門的・技術的職業」を選択してください。
ここを選択しておくと、後で詳細な職種を選ぶことができます。

⑥都道府県/市区町村名
希望する地域を選択します。

⑦年齢
雇用対策法の改正により、年齢制限による募集はできなくなっています。その為、年齢は特に入力しなくても大丈夫です。(ただし、定年による制限を設けている所はあります。)

⑧新着求人
前営業日に登録された新しい求人をだけを探せます。

⑨希望する産業
看護師さんの場合は、「医療,福祉」を選択してください。
職種同様、ここで選択しておくと、後で詳細な産業を選べます。

⑩最終学歴
特に指定しなくて大丈夫です。

⑪既卒者の応募
既卒者とは、卒業後に就職をしていない方をいいます。「②求人情報の種類」で「学生」を選択した方のみ選択できます。

詳細条件を入力する

通常は上記の状態で検索していくのですが、このままでは看護師求人のみを抽出することができません。そのため、ページ中央よりやや下にある、「詳細条件入力」のボタンを押して、細かい条件を入力出来るようにします。

ハローワーク詳細条件入力

詳細条件入力の画面では、かなり細かく条件を指定することができます。

自分の希望に沿って入力してもらえれば良いのですが、面倒くさい方は最低限「⑮希望する職種(詳細)」が入力されていれば大丈夫です。

ハローワーク詳細条件検索

⑫雇用形態
雇用形態を選択します。登録型派遣と常用型派遣については、「連合|登録型派遣と常用型派遣はどう違うのですか?」をご覧になってみてください。

⑬契約更新の可能性
雇用期間が設定されている場合、契約の更新について記載がある所があります。

⑭マイカー通勤
車通勤を希望する方はこちらを選択します。

⑮希望する職種(詳細)
希望する職種は「⑤希望する職種」を選択していると選ぶことができます。
看護師さんの場合は、「保健師、助産師、看護師」の項目を選んでください。

⑯フリーワード
キーワードで検索したい場合に使用します。
希望の診療科などを入力してもいいかもしれません。

⑰加入保険
保険に加入している職場を選ぶにはこちらで。

⑱住込
使用しません。

⑲入居可能住宅
看護師寮のある職場を希望している場合は、こちらをチェックします。

⑳賞与
賞与がある職場が良い場合は、忘れずにチェックしましょう。

㉑希望する産業(詳細)
「⑨希望する産業」で「医療、福祉」を選んでいると、医療業、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業という産業の形態を選択することができます。

㉒希望する休日、㉓週休二日、㉔年間休日数 
休みに関して希望がある場合は、予めここで選択しておくと良いと思います。

㉕週所定労働日数
パートを選択した人は、週何日働きたいのか設定できます。
扶養の範囲内で働きたい方や家事や育児を抱える方は、上記の休日と合わせて選択しておくと良いと思います。

㉖時間外
時間外労働の有無。

㉗希望する就業時間
パートを選択した方は、時間も指定すると自分に合う求人を見つけやすいかもしれません。

㉘転勤
転勤の有無。

㉙免許・資格
職種を「保健師、助産師、看護師」で選んでいれば特に指定しなくても大丈夫なのですが、一応免許や資格を条件に探せます。

㉚学歴、㉛経験
そのままで大丈夫です。

㉜事業所名
働きたい職場がある場合は、ここで指定します。

希望の求人が見つからないなら

もし、ハローワークを利用しても希望の求人が見つけられないなら、一度看護師専用の転職サービスを利用してみてください。

当サイトとしては看護のお仕事をオススメしているのですが、看護師専用のサービスだけあって、求人数が多く、ハローワークにはない手厚いサポートを受けることが出来ます。

就活の成功には、良いサービスを使うことも大事なポイントですので、仕事探しがうまくいっていないなら、ご検討されても良いと思います。

まとめ

ハローワークは、国の施設のため安心して就職活動をする事ができますが、反面転職サービスのように看護師に特化した質の高いサポートを受けることはできません。

求人に応募するためには求職の申し込みをする必要がありますが、見るだけならどなたでも可能です。求人の探し方は少し難しいので、転職活動中の方は是非上記の解説を参考にしてみてください。

求人・転職
スポンサーリンク
フローレンス編集部をフォローする
フローレンス編集部

国家資格を持った三十代の医療従事者。転職を何度も経験しているので、自身の就職活動での体験を元に、看護師さんに役立つ転職情報やメンタルケアの方法などを紹介しています。

フローレンス編集部をフォローする
看護師・ナースの求人転職情報-フローレンス