看護師の楽な職場って?

看護師求人のチェックポイント就職のポイント

毎日仕事が忙し過ぎると、プライベートの時間は全然取れないし、せっかくの休みも疲れて寝て過ごしてしまう。そんな経験はないでしょうか。

いくら好きで看護師になったと言っても、仕事ばっかりで余裕がなく、疲弊していく毎日を過ごすのは辛いと思います。

そんな時は、今よりもちょっと楽な職場に移動してみてはいかがでしょうか?

仕事に余裕ができれば、体だけでなく心理的にもゆとりが出来ます。無理して体を壊す心配は減りますし、プライベートも充実させる事が出来るかもしれません。

スポンサーリンク

看護師の楽な職場って?

これは人によって「楽」と感じるポイントと「大変」と感じるポイントが違うので難しいのですが、ただ一つ言えることは、「どの仕事も大変は大変」という事です。

外科に勤めている人は「内科はのんびりしていて楽そう」といいますし、内科に勤めている人は「外科は早く帰れて楽そう」といいます。ですが、実情は介護度が高い患者さんが多いと内科は凄く大変ですし、外科も緊急オペ等が入れば大変です。

また、大学病院に勤めている人は「クリニックとか楽そう」といいますが、クリニックに勤めている人は「大学病院とかの方が楽そう」という事もあります。

ホントの所は体験してみないとわかりませので、「定時に帰れる」「責任がそこまで重くない」「夜勤がない(少ない)」「残業がない」などの観点から、比較的楽な職場を見ていこうと思います。

楽な施設

保育園

保育園では、基本的に接する人が健康な人達のため(職員、子供、親)、患者さんを看護するような大変さはありません。業務としても、子供が園内で怪我や病気をした時の対応や、職員の保健指導などになりますので、看護の現場とは少し違うと思います。

ただ、感染性の胃腸炎やインフルエンザなど、流行しやすい病気にかかってしまった子がいたりすると、少し大変かもしれません。医療行為は医療機関に任せることになりますので、あなたが今まで培った看護師としての経験が生きる場でもあります。

保育園では、基本的に看護師は1人です。「看護師」というものの業務がしっかりと定まっていない所もありますので、仕事は自分で見つけなければいけない事もあると思います。

採血室、検診センター

採血室や検診センターに来る人も、基本的に健康な人です。業務は採血等になりますので、患者さんに振り回される事はないと思います。看護師求人を見ていても、健診のお仕事は結構人気です。応募がすぐに集まってしまうので、よい求人を見つけたらすぐに行動しないと仕事がなくなってしまいます。

ただし、多いところでは1日に100人くらい採血をしないといけないので、採血が苦手な人だと難しいかもしれません。

企業の保健室

企業看護師(産業看護師)のお仕事は、看護職というより、OLさんに近いような感覚だと思います。長時間労働等はありませんので、体力的には結構楽です。

業務としての、健康診断や体調の相談、体調を崩した時の対応など、社員の健康に関することが主なものですが、パソコン作業がとても多いので、パソコンが使えないと苦労しそうです。

医療ワーカーなどでは、たまに企業の保健室求人を見つけることができますが、数が少ないため、見つけたらラッキーと思って、こまめに転職サイトを確認する必要があります。

デイサービス

デイサービスは医療施設ではないため、医療行為が少なく、お年寄りと関わるのが好きな方には向いている職場です。

看護師の仕事としては、軟膏塗布やバイタルチェック、機能訓練などがありますが、施設によっては一緒にレクリエーションに参加する場合もあるようです。

看護師が1人の施設もあったりするので、急変時には状況に応じて臨機応変な対応が出来なければいけません。新卒の方よりも、ある程度看護経験がある人の力が生きる職場でもあります。

介護老人保健施設(老健)

老健は、在宅復帰を目的としている施設のため、患者さんは比較的症状が安定しています。リハビリや介護業務がメインになりますので、医療処置は限られてきます。

患者さんとゆっくり向き合え、定時にも帰りやすい職場ですが、急変した患者さんがいると大変だったりもします。

楽な診療科

心療内科

心療内科は、内科やクリニックのようにバタバタとした雰囲気はありません。静かでゆっくりとした時間が流れますので、慌ただしい職場が合わない方、メンタルケアに興味がある方には向いている職場です。

高いコミュニケーション能力が必要そうな感じがしますが、基本的に看護師は診察室には入りません。採血や点滴等はあるのですが、意外と患者さんと接する場面は少ないとも言えます。

眼科

眼科は、診察時間が決まっていますし、夜勤もないため比較的楽と感じる人が多いようです。残業はありますが、病棟に比べたらそこまでではありません。ひと通り検査の仕方を覚えれば働きやすいと思います。

オペ後の患者さんがある程度自立しているという点と、緊急性の高い患者さんが少ないことも、楽と言われる点だと思います。

ただし、最近は高齢化に加齢による眼科疾患の患者さんも増えているので、忙しい所もあります。

美容皮膚科・美容外科

美容分野のお仕事は、夜勤がなく、綺麗な職場で美に関われるということで、女性には人気のある仕事と言えます。

病棟のように騒がしい雰囲気は一切なく、患者さんもどちらかと言うと「お客様」という感覚ですので、看護師には接遇の能力が必要とされます。

美容外科の場合はオペの介助が多いですが、美容皮膚科ではヒアルロン酸の注入やレーザー治療など、比較的単純な作業が多いです。

皮膚科

皮膚科の場合、基本的にアトピーや蕁麻疹、帯状疱疹などの患者さんが多いので、命に関わるような患者さんはほとんど来ません。熱傷など心配な疾患もありますが、重篤な場合(深い2度熱傷や3度熱傷)は町の皮膚科では対応しませんので心配はいらないと思います。

季節的に夏場は少し忙しい傾向がありますが、それ以外は結構暇だったりします。
業務も、処置の介助や軟膏塗布等ですので、看護師であるみなさんなら心配ありません。

整形外科

入院施設のない整形外科も、比較的楽な職場が多いと言われています。夜勤はないですし、患者さんの診察が終われば帰れます。

扱っているのが運動器疾患ということと、働いている人も体育会系の人が多かったりするので、陰湿な雰囲気はなく、明るい職場が多いようです。

覚える事は結構ありますが、患者さんが回復している様子が目に見えてわかるので、モチベーションが維持しやすいです。

ただし、総合病院や入院施設のある整形外科だと、大変な場合もあります。

まとめ

看護師さんの負担が少なそうな職場をいくつか紹介してみました。

多くの科に言えますが、外来のみのクリニックは比較的楽な場合が多いようです。夜勤がないですし、外来に来ている患者さんが帰れば仕事は終わりですので、楽な職場を探すならまず検討したい所だと思います。

また、看護業務が負担に感じている方は、パソコンさえ使えるなら産業看護師としての道も考えてもいいかもしれません。