寮生活を考える看護師さんが抑えておきたいこと

認定看護師資格取得支援の病院就職のポイント

みなさんは看護師さんの寮というと、どういう所を想像するでしょうか?
「寮」という言葉から、なんとなく体育会系の雰囲気を想像してしまいますが、最近では看護師寮を新しくしている病院もあり、少しでも看護師さんを確保し、長く働いてもらうために、福利厚生を充実させている所が増えています。

看護部のサイトなどを見ていてもわかりますが、各病院のアピールもずいぶん力が入っているので、寮生活はどんな感じなのか、メリットはどうなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は看護師さんの寮についてまとめてみました。

スポンサーリンク

寮生活はどんな感じ?

寮生活というと、どうしても学生寮のようなイメージがあるので、「ちょっと面倒くさい先輩がいて、プライペートを侵食されるのではないか」と心配になっている看護師さんもいるかもしれません。

ですが、今はマンション借り上げタイプの寮も多いので、プライペートまで干渉されることはほとんどなく、限りなく一人暮らしに近い形で生活が出来るようになっています。ただし、トイレやお風呂が共同になっている場合は注意が必要です。

また、最近ではデザイナーズマンションを寮にしている所も多く、病院側も看護師さんに来ていただきたいので、綺麗な寮を用意している所が多いです。

家具はもちろん、冷蔵庫や洗濯機が備え付けてある所もあるので、少ない準備ですぐに入居できる体制が整っています。中にはペットも可能な所もあるそうです。

セキュリティ的にも充実していて、オートロックはもちろん警備員がいる所もあります。

寮生活のメリット

病院から近い

寮は、基本的に病院の近くにあるので、通勤に時間を取られる事はありません。
中には、病院が近いと「休みの日も患者さんに会ってしまいそうで…」という方もいるかもしれませんが、距離は遠くても交通の便がよく、結果として通勤時間を短くできる所もあるので心配はありません。

特に、大都市圏にある大きい病院だと、駅チカの看護師寮を持っている所も多いので、仕事とプライペートをしっかり分けることができます。

お金が貯まる

毎月の出費で1番大きい物は、やはり「家賃」だと思います。看護師寮の場合は、家賃(寮費)がかなり低く押させられるので、必然的にお金がたまります。

中には賃料がかからない所もありますし、基本敷金礼金はかからないのでお金を貯めたい看護師さんにはオススメです。

すぐ生活できる

家具や家電などが備え付けてある寮では、最低限の準備をするだけで、すぐに生活できる環境が整っています。

エアコンや冷蔵庫、洗濯機にテレビなど、生活に必要なものを一から揃えるのは、考えているよりお金の面で大変な思いをします。特に、社会人になりたての頃はお金があまりないので、無駄な出費は極力押さえるために、こういった寮を有効に使うと良いと思います。

中には引越し代を病院が負担してくれる病院もあります。

看護師寮の家賃って?

看護師寮の家賃は、だいたい1万〜3万程度を設定している所が多く、都心の場合だとだいたい3万円くらいを想像しておけば十分だと思います。

その他水道光熱費がかかってくるのですが、住宅手当が支給される病院では、実質の金額はもっと少なくなります。中には寮費が無料の所もあるそうです。

男性看護師の場合は?

看護職は女性が多い仕事なので、男性看護師の場合はどうなるのだろう?と疑問をお持ちの方もいると思います。

男性看護師の場合は、基本的には男女共用の看護師寮に入るか、男子寮に入ることが多いようです。女性が多い業界なので、寮は当然男子禁制なのでは?と想像しがちですが、男性看護師も寮に入れます。

ただし、男子寮が無い、寮が男子禁制の場合は、入居できませので、事前に確認しておく必要があります

寮ありの看護師求人が探せるサービス一覧

看護roo!

看護roo
看護ルーのサービスは首都圏、関西、東海に限定されていますが、寮・社宅がありの求人はかなり豊富です。患者さん側からの病院の口コミも見られるので、求人を探しやすいと思います。

マイナビ看護師

看護学生におなじみのマイナビ看護師も、「寮・借上住宅あり」という項目で、寮ありの求人を探すことができます。
休日に相談会を開いている時もありますので、忙しい看護師さんにも必見です。