癒されながら働きたい!沖縄の看護師求人について

アルバイト

みなさんは、「沖縄で働きたい」と考えたことはないでしょうか?
青い海や白い砂浜など、普段都会で働いている方には決して味わえない空間で働くことは、誰もが一度は夢見ることだと思います。

特に、看護師という仕事は体力的にも精神的にもかなり負担がかかるので、多くの方が忙しく活動している事とおもいます。そんな中、ときには何かに行き詰まってしまったり、看護師としての仕事に疲れてしまう場合もあるかもしれません。

そんな時、都会の忙しさから離れてゆっくりとした時間を過ごしながら仕事が出来るとしたらどうでしょうか?普段味わえないとても素敵な時間が待っているとおもいます。

スポンサーリンク

沖縄の看護師求人について

沖縄の看護師求人は、全国に比べて給料が安いという特徴があります。だいたい月収で30万円に満たない程度と思っておけばいいと思います。

職場の環境も沖縄本土と離島では全然違います。本土の場合大病院があり最新の医療も整っていたりするのですが、それ以外の地域だと医療が行き届いていない場所もあります。病院・診療所の数も全国平均の約半分ほどしかないため、働ける場所は限られます。

求人を探すにはどうすればいいのか

仕事の探し方は、どのくらいの期間働きたいかによって違います。

長期間働こうと考えている方


すでに沖縄に住んでいる方や、これから移住しようと考えているで長期間働こうと考えている方は、看護のお仕事のような全国対応の求人サイトを利用するのがオススメです。

期間限定で働きたい方

短期間の期間限定で働きたいと考えている方は、期限付きで看護師を派遣しているサービスを利用するのがオススメです。

ナースパワー人材センター

ナースパワー人材センター
ナースパワー人材センターには沖縄応援ナースということで沖縄本島の病院に期限付き職員として赴任することが出来る制度があります。だいたい3〜6ヶ月程度の仕事なので、看護師として働きながら沖縄へのプチ移住を体験することが出来ます。

沖縄応援ナースの魅力ポイント

  • 沖縄という常夏の楽園で仕事が出来る。
  • 家電付きのアパート完備なので気軽に赴任できる。
  • 引越し・旅費は病院より支給される。
  • 面接がなくナースパワーの推薦と書類審査のみでok。
  • 最低3〜6ヶ月の短期間

給料は応援手当という形で、看護師:約27万〜35万円、准看護師:約22万〜30万円(夜勤手当込み)程度支給されるようです。

応募資格

応募資格としては、ナースパワーの登録者である必要があります。
登録がまだの方はこちらから登録してください。

また、当然のことですが正看護師・准看護師の資格を有していて1年以上の病院での勤務経験が必要のようです。

応募の流れ

応募の流れとしては、

求職登録⇒応援先選択⇒応援先への推薦⇒電話打ち合わせ⇒赴任

という流れになるそうです。

どんな方に来て貰いたいのか

応援ナースでは経験を生かせる即戦力が求められているようで、看護業務に誇りを持ち真摯に仕事に取り組む看護師さんに来て貰いたいようです。仕事で行くわけですからリゾート気分だけだと受け入れ先の病院の方も困ってしまうと思いますで、仕事とプライベートの区別がしっかりできる必要があります。

また、新しい環境でもうまくやっていける協調性がある方、応募の期間をしっかりと勤め上げられる方が望まれます。

気になるポイント

応援ナースは場合によっては期限の延長も可能のようです。応援ナースとして更新するのもいいですし就職して正職員になれる場合もあるようです。仕事と環境が自分に合っていると感じた方はそのような選択も出来ます。

また、一人で新しい環境に飛び込む事が不安な方などは友達と一緒に応募することも可能なようです。必ず同じ病棟に勤務出来るとは限らないようですが、それでも新天地では心強い仲間だと思います。

就職を成功させるポイントは?

就職を成功させるポイントとしては、「現地に馴染む」という事が1番だと思います。

沖縄の場合、仕事が少ないという事がよく問題視されますが、看護師さんの場合は安定的に人材不足状態にあります。ですので、病院探しの面で苦労は少ないと思いますが、問題は「環境に馴染めるか」ということだと思います。

毎年沖縄に移住する方は何人もいるのですが、多くの方はすぐにまた沖縄から離れてしまうそうです。その原因としては、給料や仕事面の問題もありますが、「地元の方とうまくコミュニケーションが取れない」事も要因の一つのようです。

おわりに

急に環境を変えることは何かと不安も多かと思います。ですが仕事以外の空き時間はみなさんの自由です。スキューバダイビングにジェットスキー、フィッシングに沖縄民謡など、普段体験できないことを体験しながら自身の経験と知識を元に癒されながら働いてみてはいかがでしょうか。